老後へそくりを考えてみるといくらぐらい要求だろう

近頃、年金をもらっているので、月に11万ほどの固定の実入りが起こる。
それで暮しを補うことができるだろう。
暮し手助け費よりもすくないが、きっと仕方ない。
賃料が51000円だとして、空白は59000円。
生活費59000円。暮し手助け費は80000円だということを考えると
ずいぶんとぼくは切り捨て暮らさないといけないのだなあ。
暮し手助けを受けたら、8万円も下さるのだけれど、ぼくは暮し手助けは受けたくない。
老後現金は、月々10万円ぐらい。最低でも15万円。
これに、賃料カットの中古我が家を貰うとして、賃料は無料。
それから、舵取り費と復旧費で3万円辺り鳴る。
それを見越して、あとはいくらぐらい生活費が陥るか。
マネーの核心は高いなあ。ひとりぼっちになったとしても、暮しはしていただける。
万が一、父親が死んだとしても。なんとかなる。
これだけ仕事しまくって、備蓄を貯めて、老後にそなえよう。
老後現金、いったいくらぐらい必要なのだろうか。ミュゼ500円脱毛口コミ